WANOWA

多様なライフスタイルを提案しながら新しい社会を創るWANOWAです。

WANOWAとは ギャラリー トピックス イベント・キャンペーン コミュニティ コンサルティング WANOWA NETWORKS CSS HOME
それは財団法人店舗システム協会の活動です。1972年にJAPAN SHOPを単独主催でスタートさせ、1973年より日本経済新聞社にも共催して加わってもらい、以来1973年より財団法人店舗システム協会(SSSS)と日本経済新聞社との共催によりアジア最大の店づくりとまちづくりの展示会として産業界に貢献してきました。
2017年の健康づくりを展望する!

<課題 健康運動をいかに日常習慣化し継続するか>

健康運動を普及させ、継続し、医療費の増大を止め、予防としての機能を発揮するためには、ポール活用による運動にとどまらず、子供からシニア層まで誰もが参加できる種々の運動のやり方を取り入れて実施と拡大を考える必要がある。 (ラジオ体操やエアポールウォーキング 筋力トレーニングetc.) (今や子供の老化も深刻な状況を呈している)


<CSSの取り組み>

・賛同もしくは協働する団体への働きかけ…保健局/市民協働推進課/社会福祉協議会等/ポール活用関連の協会/運動促進団体/ラジオ体操連盟/その他運動促進の協会/企業

・運動促進教室をより多く開く為には、コーチ(指導者)の養成を活発化し、各コミュニティ(町内会etc.)との連携を図り、シニアの参加者増加に努める。


超高齢社会は運動の奨励と実行が命題


<今日的な課題>と<運動促進>の必然性

◆超高齢社会への突入(2025年には65歳以上が30%台)
◆(41.5兆円) 医療費は13年間にわたって最高額を更新中
◆生産年齢人口の減少(国の経済活力が低下)→地域の活力も低下
◆国及び地方自治体の財政が窮地に陥る
◆地域の活性化をベースにした健康促進には、運動促進に係わる各自治体の政策強化が望まれる。
(地域全体が本気でコミュニティの原点を再認識することの大切さ)運動促進


そこで、2015年より継続してきたさがみはら健康隊の延長として、多角的なコーチ活動を積極的に続けている新井恵さん(スマイルチーム)の活動スケジュールをご紹介します。
(相模原市南区が中心の活動)

皆様のまわりで、健康づくりについて活躍されているコーチや事例がありましたら、お知らせ下さい。
お互いにコミュニケーションをはかり、健康づくり活動を広げていきましょう!!




コンセプト
私達の生活は、一通りのモノが揃っていて、経済社会の視点から見れば世界でも最も恵まれた状況にあると言えましょう。
しかしながら、かつてのように欲しいモノが次々と登場し、それらを手に入れることに皆が皆、夢中だった時代に比べ充足感が伴わず脱力感がただようのは一体何故でしょうか。

確かにモノが入手できたからと言って必ずしも精神的な豊かさまでが満たされるとは限りません。
むしろ今、私たちにとって関心が増しつつあるのは、どのように自分らしいライフスタイルを見つけ創り出せるのかの追及にあります。
自分らしい暮らし方の夢を探り築いていくことは、一過性ではなく一歩一歩実現するたびに充実感が高まり、しかも一生続けて独自のライフスタイルを追求することが出来ることです。

世の中には、生活の基幹を成す住まい方や生命維持に欠かせない安心安全な食のあり方など、暮らし方に係る深く追求したいコトが無数にあります。
自分の理想とするライフスタイル探しと充実をぜひご一緒しませんか?
お知らせ
info 2017年8月22日 藤沢市市民活動推進センターメールマガジンをアップしました。

藤沢市市民活動推進センターメールマガジンNo372

info 2017年8月21日 CSSページを更新しました。

健康づくりは気になるが、きっかけがつかめないあなたへ

info 2017年8月21日 藤沢市市民活動推進センターメールマガジンをアップしました。

藤沢市市民活動推進センターメールマガジンNo371

info 2017年7月11日 藤沢市市民活動推進センターメールマガジンをアップしました。

藤沢市市民活動推進センターメールマガジンNo369

info 2017年7月7日 CSSページを更新しました。


シリーズ3、第一線で活躍中のトレーナーによる実技講座

info 2017年7月7日 トピックスを更新しました。


第170回 日本体力医学会 関東地方会 市民公開講座のご案内

info 2017年6月22日 CSSページを更新しました。


健康づくり・bonoに全員集合!!<みんなで運動に目覚めませんか>

info 2017年6月22日 藤沢市市民活動推進センターメールマガジンをアップしました。

藤沢市市民活動推進センターメールマガジンNo367

info 2017年6月6日 CSSページの「お役立ち情報」を更新しました。

・お役立ち一口メモ(15)

info 2017年5月30日 藤沢市市民活動推進センターメールマガジンをアップしました。

藤沢市市民活動推進センターメールマガジンNo366

info 2017年5月30日 CSSページの「お役立ち情報」を更新しました。

・お役立ち一口メモ(14)

info 2017年5月23日 CSSページの「お役立ち情報」を更新しました。

・お役立ち一口メモ(13)
 センテナリアン!!ってなあに?

info 2017年5月19日 CSSページの「お役立ち情報」を更新しました。

・お役立ち一口メモ(12)
 カップ麺が1位、インスタントラーメンが2位

info 2017年5月16日 藤沢市市民活動推進センターメールマガジンをアップしました。

藤沢市市民活動推進センターメールマガジンNo365

info 2017年5月15日 CSSページを更新しました。

健康づくり・bonoに全員集合!!<みんなで運動に目覚めませんか>

info 2017年5月9日 CSSページを更新しました。

健康優良児・健康優良人・健康優老人をbonoで目指そう!

info 2017年5月9日 藤沢市市民活動推進センターメールマガジンをアップしました。

藤沢市市民活動推進センターメールマガジンNo364

info 2017年4月18日 藤沢市市民活動推進センターメールマガジンをアップしました。

藤沢市市民活動推進センターメールマガジンNo363

info 2017年4月14日 CSSページの「お役立ち情報」を更新しました。


・お役立ち一口メモ(11)

info 2017年4月4日 藤沢市市民活動推進センターメールマガジンをアップしました。

藤沢市市民活動推進センターメールマガジンNo362

info 2017年3月28日 CSSページを更新しました。


座間市立芹沢公園が完成したのを記念して、ポールウォーキング体験会をイベントとして開催します。
・ポールウォーキング体験会 平成29年3月30日
・ポールウォーキング講習会 4月〜9月

info 2017年3月21日 藤沢市市民活動推進センターメールマガジンをアップしました。

藤沢市市民活動推進センターメールマガジンNo361

info 2017年3月17日 CSSページの「お役立ち情報」を更新しました。


・お役立ち一口メモ(7)
・お役立ち一口メモ(8)
・お役立ち一口メモ(9)
・お役立ち一口メモ(10)

»過去のお知らせはこちら
ワールドカフェ開催の趣旨
■ワールドカフェ開催のお知らせ
高度な都市生活者を対象に2005年からスタートした、TOKYO URBANLIFEは年に1度開催を行い、ライフスタイル別の多様なコミュニティの創出と支援をめざしております。最近は、キーワードである「和の再発見」にもとづいた江戸文化に注目が集まっており、折もおり、2012年5月に開業したTOKYOスカイツリー及び複合施設(ソラマチ)は予想を上回るにぎわいで、活気にあふれています。しかもそのお膝元の押上界隈は、かっては江戸の華といわれた輝かしい歴史と文化を誇ったエリアです。21世紀の日本の活性化は地域文化の再生にあります。そこには歴史に根ざした独自性があります。

そこでTOKYOURBANLIFEは、現代のシンボル(スカイツリー)と共にEDO文化に付いてより多くの人に関心を深めてもらいたく、新しい対話・交流のメソッドで注目のワールドカフェをシリーズで開催し、江戸文化への理解を共有することを計画しました。
今こそ世界に向けてEDOの豊かで高度な文化を皆でシェアしましょう!

賛同 竹居正武(建築家)
小林一(都市計画家)
小林章男(アートディレクター)
田実碧(ライフスタイルコーディネータ)
関雅也(経営コンサルタント)
川面乃浬子(イメージスタイリスト)
岡村雅史(社会起業家)
一枡靖人(建築家)
牟田口雄彦(NPO法人専務理事)
迴洋子(大学教授)
イアン・マーチンS・H(デンマーク建築家)
山田悦央(プランナー)
内藤憲一郎(プロデューサ) 
総勢100名
運営統括 高山れい子(TOKYO URBANLIFEコミッティ代表)


■ワールドカフェとは
1995年にアニータブラウン女史らによってサンフランシスコで始まったコミユニケーション手法で、知識や知恵は機能的な会議室で生まれるのではなく、人々がリラックスできる空間でオープンに交流を楽しめることによって、素晴らしいアイデアが創出され共有できると云われ、アメリカの大学、企業などで、盛んにひらかれています。

■TOKYOURBANLIFEとは
一人ひとりのライフスタイルの充実のための運動推進体として2005年からの活動実績があり、フォーラムやワークショップなどで、各界の第一線のライフスタイル提案のコンテンツは約400ストックしています。大量生産/大量消費の終焉を迎え発想の構造転換なくして次の世代の社会の夢は描けません。経済大国から、伝統文化大国へ 世界に向けて日本独自の文化を発信し、再び元気と誇りを取り戻しましょう!
活動の経緯はwww.tokyo-urbanlife.comをご覧ください。

日付 時間 特記事項 テーマ ポイント
第20回
淑徳大学エクステンションセンター・池袋サテライト・キャンパス
TOKYO URBAN LIFE 2014特別企画
2014年
11月29日(土)
13時から
16時
TOKYO URBAN LIFE 2014特別イベント(豊島区、東京商工会議所 豊島支部後援) 今後2000万人〜3000万人の海外からの観光客を想定した池袋の魅力づくり 世界へ向けてのブランディング 人口減による自治体の危機問題
第19回
淑徳大学エクステンションセンター・池袋サテライト・キャンパス
TOKYO URBAN LIFE 2014特別企画
2014年
8月9日(土)
13時15分から
16時45分
文京区建築ユースが中心となってサロンとしての場から身近な健康づくりの銭湯 ご近所のぜいたく空間”銭湯”が急速に消滅している現状に対し、まち、生活文化の視点から価値と保存を訴求 文京区の名物銭湯の生活文化の価値と保存
第18回
淑徳大学エクステンションセンター・池袋サテライト・キャンパス
TOKYO URBAN LIFE 2014特別企画
2014年
7月5日(土)
13時15分から
16時45分
注目の観光アプリ「旅ぷら」を全国の行政・観光協会の協力、支援のもとに小泉氏が推進中 これからの観光政策−エリアごとの独自性をいかにクローズアップするか 歴史・現状・未来のビジョン 池袋をモデルに取り上げ、全国のネットワーク化構想
第17回
文京シビックセンターの多目的高層ビルを視察
2014年
6月21日(土)
13時15分から
16時
文京区在住の栗生明(建築家・千葉大名誉教授)氏 文京区の市民活動を語る シビックセンター(旧文京公会堂)にて第4回文京見どころ絵ハガキ大賞授賞式に出席 幼児より高齢者までの応募作品の高レベルなのに感銘 文京区春日周辺の歴史と現状
第16回
文の文京エリア 江戸時代の中心エリアの古しえと現代の対比
2014年
5月25日(日)
14時から16時 徳川家光時代の広大な敷地に文京後楽園と東京ドームの新旧 徳川家光の名残の後楽園の歴史を森治郎(大江戸探見の会主宰)氏の解説で名庭の見どころをまわる 後楽園及び凸版印刷博物館(3D展)へ
第15回
川越エリア 小江戸川越に江戸時代の宝物を探見に!
2014年
4月25日(金)
13時から17時 徳川家ゆかりの寺院めぐり
蔵づくり見学
川越市及び江戸時代からの在住歴を誇る小島氏(NHKアート)及び同市の江戸武家文化の保存に係る専門家との交流 川越市の有数の寺院と記念館めぐり
第14回
川越春祭りオープニングイベントに参加
2014年
3月29日(土)
12時から16時 江戸時代から続く川越藩火縄銃 鉄砲隊の演舞の見学と交流を中心に。 全国に知れ渡った川越祭りのハイライトを川越市の協力で手際よく見学、参加。歴史をみごとに活かした観光政策 川越市春祭りのパレードのエリア周辺
第13回
日本橋・京橋・新川エリア
船着場にて(江戸交易や文化のつながりの川越から日本橋界隈の視察団を迎えての視察及び交流会
2014年
2月1日(土)
14時20分から
16時45分
隅田川が重要な役割を果たしていた江戸時代の文化・経済の交流をたどる 森治郎氏による日本橋界隈の歴史名所の視察と江戸文化がお題のワールドカフェの参加者との交流会 江戸時代日本橋は五街道の起点
川に掛かっている首都高速道路について
第12回
豊島区
トキワ荘を見に行こう
2014年
1月26日(土)
14時30分から
18時
世界の先端を行くマンガ文化 江戸の絵師葛飾北斎から続く日本のマンガ文化について 豊島区板橋エリア
江戸時代の町民でにぎわった界隈としての考察
手塚治虫のワールドとその影響力
葛飾北斎のパラパラ漫画との関係
第11回
師走でにぎわうおばあちゃんの原宿へ(巣鴨商店街)中山道や川越街道ー神社・地蔵・稲荷・庚申塔・観音
2013年
12月21日(土)
14時から18時 江戸の庶民と信仰(お寺詣り) 江戸時代のにぎわいを今に伝えるエリアの視察、まちの魅力及び訪問者の客層 巣鴨を中心に
第10回
TOKYO URBAN LIFE 2013特別イベント
EDO・エコ・庶民生活・観光
2013年
11月9日(土)
13時から17時 EDO・エコ・観光の2部構成 森治郎氏・大江戸まち探見講座/栗生明氏・千葉大学名誉教授/小林一氏・江戸の庶民芸能 淑徳大学 エクステンションセンター、
池袋サテライトキャンパス
第9回
谷/根/千エリア
千駄木エリアを中心に
2013年
10月26日(土)
15時〜18時
30分
EDO TOKYOを想う 江戸時代の食を味わう会 夕やけだんだん坂を中心に界隈を散策
第8回
谷/根/千エリア
根津エリアを中心に
2013年
9月20日(金)
15時〜18時
30分
江戸がよみがえる 江戸時代の3大祭りのひとつについて知る 根津神社 カフェにて交流会
第7回
谷/根/千エリア
谷中エリアを中心に
2013年
8月29日(木)
15時〜18時
30分
江戸の記憶をたぐり寄せる 徳川家の威力を知る 寛永寺、旧吉田屋酒店、カバヤ珈琲店
第6回
日本橋・京橋・新川エリア
2013年
7月12日(金)
15時〜17時
30分
江戸の小唄・江戸の長唄実演 江戸の生活文化を楽しむ 内田洋行ユビキタス協創広場
第5回
日本橋・京橋・新川エリア
2013年
6月16日(日)
15時〜18時
30分
浮世絵伝道師 牧野健太郎氏を迎えて NPO法人京橋川再生の会報告 内田洋行ユビキタス協創広場
第4回
日本橋・京橋・新川エリア
2013年
5月17日(金)
14時30分〜
19時
落語家 三遊亭らん丈師匠 江戸地図を下敷きにしたこの界隈の変遷 内田洋行プレゼンテーションルーム
第3回
両国の土俵のある「花の舞」 国技館前店
2013年
4月13日(土)
14時30分〜
17時
江戸時代のやぐら太鼓 大江戸八百八町の相撲興行 墨田区横綱1-3-20
第2回
食と健康と日本的生活文化の遊び場「結わえる商家」
2013年
3月16日(土)
14時〜17時 食と健康と日本的生活文化
伝統の音曲「尺八」に聴き入る
ハレ(非日常)とケ(日常)玄米生活の提案 蔵前2-14-14
第1回
リバーサイドワールドカフェ 「シエロイリオ5F」
2013年
2月16日(土)
14時〜17時 江戸のエンターテイメント相撲甚句 江戸礼賛
Back to the EDO
隅田川 スカイツリー+蔵前
| WANOWAとは | ギャラリー | トピックス | イベント/キャンペーン | コミュニティ | コンサルティング |

 | WANOWA NETWORKS | CSS |
Copyright(C) WANOWA.com All Rights Reserved.

ページトップ